梅之測量

コースのご説明

  梅之測量コースは、現況地物を拝見させて戴き、仮のポイントを現地だけで定めて測量させて戴きます。
  よってその他資料は一切収集致しませんので、隣接地で既明示があっても復元は致しません。
  あくまで現況地物のみで仮丈量図を作成致します。
  又、仮ポイントを定めた「点」だけ測量致しますので、塀、家屋、側溝等のありのままの地物が図示され
  ませんので、成果品の図面も「土地の形状」だけとなります。越境物が有った時もどれだけ出ているかは
  測量しない為、分かりません。
  仮ポイントをどこで定めさせて戴きましたかは、仮丈量図に記載した文字と写真だけで示させて戴きます。
  報酬は廉価版の為、「竹」コースの半額となっております。

お品書 
     
  1、仮のラインで測量した仮境界線だけで記載された仮丈量図面

  2、どの点を仮境界ポイントとしたかの仮ポイント写真

             成果品 現場写真 .pdf へのリンク

成果品写真一覧

「梅にも春」は、落語の愛宕山の中で も歌われる江戸時代の端唄です。

 


  

コース選択へ戻ります